POLE TO WIN

open

実際に働いている人の声を
聞いてみましょう!

趣味を活かして、という気持ちで始めた仕事ですが遊びでするゲームとはやはり違いますね。キャラクターの台詞、チュートリアルの説明、アイテムの効果、色々なことに注目しながらプレイします。遊ぶというよりひとつひとつ確かめながらゲームをする、でもそれが楽しいと思っています。

<デバッガー歴3年 Aさん/パートナー>

仕事で関わるコンテンツは全てお客様が作ったものです。しかも未発売、未発表のことに携わるので、とにかく情報漏洩に厳しいです。スマホはロッカーに預けるし、紙に書いたメモも持ち帰れません。友達にも話せません。それだけ大事なことに関わっているというのは少しプレッシャーな反面、重要な仕事に関わっているんだと思うと他の仕事にはない特別な感じもします。

<デバッガー歴5年 Bさん/パートナー>

ほとんどの人が未経験から始めています。資料を見ながら作業できるし、分からないときに質問するリーダーもいます。私も全然分からなかったのですが初日に「今使ってるスマホは?」と聞かれていつも使っているスマホと同じ機種でチェックさせてくれたのでとても助かったのを覚えています。

<デバッガー歴1年2か月 Cさん/パートナー>

全てを一人で見る、ということはないです。チームを組んでチェックする部分を分担するというのが一般的です。経験豊富なリーダーもいるので、相談にも乗ってくれます。決まった時間で作業をするので残業もありません。

<デバッガー歴6か月 Dさん/アルバイト>

自分が得意なことよりも詳しくないスポーツや歴史など、最初は全然分からないということもよくあります。でも関わっていくうちに詳しくなって、自分の豆知識が増えていくような感覚になります。将来どこかで役に立てばいいなと思っていたら、以前ラグビーに関わったことがあったおかげで、日本でワールドカップが開催された時は友達にルールを教えることが出来ました。

<デバッガー歴2年3か月 Eさん/アルバイト>

募集要項・エントリーはこちら